閉じる

  • 採用コンサルティング
  • インターンシップ設計
  • 説明会設計
  • 選考設計
  • テスト/テキスト
  • 魅力要因抽出サーベイ
  • SPI3
  • 内定辞退調査
  • フレッシャーズコース
  • 採用業務代行
  • リクナビ操作代行
  • 説明会代行/面接代行
  • 研修
  • 採用系研修
  • スキルアップ系研修
  • 内定者研修
  • ツール制作/リクナビ掲載
  • ツール制作
  • リクナビ掲載

閉じる

  • パンフレット
  • VTR/スライド
  • 会場・ブース装飾
  • ウェブサイト
  • DM

閉じる

  • 社長挨拶
  • 会社情報

冊子無料進呈

初めての企業様に限り、下記4つのアイテムのうちいずれかを無料でお届けします

ストレス耐性テスト『DIST』

採用において「ストレスに強い人材」を見抜きたい。ストレス耐性に関する社員教育を実施したい。受検者のパーソナリティを多面的に把握したい。そんなニーズにぴったりなのが、このストレス耐性テスト「DIST」です。受検者がストレスを乗り越えていくにあたり、どのような資質をもっているか、その対処資質や、どのような要因にストレスを感じやすいか、などの強み・弱みを理解することができます。SPI診断と併用してお使いいただくことが多いテストです。

活用方法

Dist 1部819円(税込)→ お試し価格で無料!!

CASE STUDY

ストレス耐性をより詳しく知りたい

クライアント 機器メーカー
課題と背景 他の適性検査を使用しているが、近年プレッシャ―やストレスに弱い若手社員が多いため、具体的にどのようなストレスに強く、また弱いのかを知りたい。
導入内容 DIST
成果 試験時間は約10分、採点時間も約5分と非常に使い勝手もいい。ストレス要因もわかりやすくなっているため、評定者及び受講者も今後の育成課題として使用することができる。

ページの先頭へ戻る

インターンシップでどんなプログラムを行えばいいのか?参考事例となる24社の業種別事例集を、無料でお届けします。また、インターンシップの設計の参考となる資料や、母集団形成のための広告事例、インターンシップで実際につかえるワークシートなど、成功のヒント満載の資料も同時に無料でご提供します。

インターン事例&プログラム設計資料

上:『インターン事例&プログラム設計資料』
下:『参考資料:プログラム設計シート』

内定者フォローの決定版!フレッシャーズ・コース

1社内定をもらっても、およそ9割の学生が就活を継続しているというデータがあります。婚約した後に「本当にこの人でよかったのか」と不安になるマリッジブルーになぞらえて、「内定ブルー」と表現するほど、内定者はデリケートな時期にあるため、各社フォローには苦心されています。そこでご紹介したいのが、ダイヤモンド社が発行する「フレッシャーズ・コース」。入社後、社会人としての振る舞いができるよう内定者の意識転換を促すことを目的に開発された、「働くことの意味」や「ビジネスマナー・ハンドブック」など7つの冊子からなる内定者フォローツールの決定版です。今なら1部を無料進呈中。ぜひ、内定者の辞退防止にお役立てください。

構成内容を見る

通常価格 フレッシャーズ・コース(7巻セット)
8,400円(税込)→ サンプルを1部無料進呈!

CASE STUDY

内定者同士の交流にもつながる内定者フォローツール

クライアント 信販・金融業
課題と背景 定期的にイベントを開催する時間はないが、学生との接点を定期的に持ちたい。
導入内容 毎年、内定付与後にフレッシャーズ・コースを導入し、半年間の定期フォローを行う。
成果 人事ご担当者様からは「学生の微妙な気持ちの変化もわかるので、フォローツールとしては最適です」と評価をいただく。また全員のコメントを開示するため、同じ課題に対し、他の人がどのように感じたかを共有することで内定者同士の理解にもつながっている。

ページの先頭へ戻る

理系学生の気持ちがわかる小冊子

突然ですが、全国で就活中の大学生のうち、理系学生がどれくらいの割合を占めるかご存知でしょうか。答えは、およそ1割。その限られた数の学生に対し、多くの企業がこぞってアプローチするのですから、理系採用が一筋縄ではいかないことは、想像に難くありません。この「理系学生の気持ちがわかる小冊子」では、そんな理系採用が置かれている状況や、理系学生の学事スケジュール、企業選びの際に何を重視しているかなどを、5つの項目にわけてご紹介しています。理系学生の多忙な時期を避けて選考日程を組む。企業選びの軸に沿って、説明会のコンテンツを企画する。たとえば、そんな場面で役立てていただける内容です。ぜひ、ご活用ください。

※このデータは、リクナビ2013に登録する学生のデータを弊社が独自に分析・抽出したものです。

CASE STUDY

クライアント 自動車関連メーカー
課題と背景 機電系学生のほとんどが地元大手企業にとられてしまう。
導入内容 研究室プレゼン向けリクルーター研修。
研究室とのパイプをつくることを目的に、先輩社員をリクルーターとして育成。学生の気持ちの捉え方やプレゼンテーションの技術を習得。就職活動早期に研究室に訪問し、学生への認知を上げ、エントリーにつながる動きをとる。
成果 まずはOBOG訪問からはじめていきましたが、翌年からはキャリアセンターから学内セミナーへの参加を依頼されるほど強固なパイプ作りに成功。また機電系学生のエントリー数も向上。

CASE STUDY

クライアント 大手システムインテグレーター
課題と背景 大量採用を毎年行っているが、辞退者も多く、採用を効率よく行いたい。
導入内容 内定者・辞退者調査、説明会VTR、パンフレット制作
学生がどこの企業へ流れ、何に魅かれているのか?また自社のどこが良くて悪いのか?定量分析と定性分析の具体的なエピソードを元に調査。結果、2次選考の対応と、仕事内容の理解の低さに課題があることがわかった。仕事内容の理解について説明会の設計と配布資料を変更。リアルな現場を見られるプログラムを作成。
成果 内定辞退が約50%から20%程度に改善。またVTRとパンフレットも連動し、わかりやすいとの評価を頂く。

ページの先頭へ戻る

こちらでは弊社へのお問合せ、ご質問、ご要望を受け付けています。
ご回答はできるだけ速やかに行いますが、内容によってはお時間をいただく場合がございます。

お問い合わせ・ご意見はこちら

※弊社への営業目的でのお問合せは、ご遠慮下さい。